定期検査

業務上で行われる、物やサービスの給付を目的とする行為は、有償・無償を問わず、その事実が真実であるという証明をすることが必要となります。
簡単にいうと、物の重さが価値に影響を与えているとき、その重さが正しいのかを見極めるために、はかりそのものが正しい状態であるかを、検査し証明することが必要です。

PAGE TOP